春霞
不意に花びらが宙を舞った。

目の前を過ぎった一陣の風に曉盛がひるんだわずかな間に、その女人は現れていた。時刻はと

うに夜半を過ぎ、重たげな月が西に傾き始めている。女人が一人歩きをすること自体訝しいのに、

暗がりの中である。俄かに曉盛は緊張し、腰に下げた太刀に軽く手をかけた。

夜目で見る限り、着ている物は高価なものだ。馥郁たる香りが漂ってくるのは焚き染めた香であ

ろう。被きに隠された顔がもう少しで見えそうに思えるのは気のせいばかりではなさそうだ。

(さては妖しの者か―― この曉盛に取り入って、何の得があるというのだ)

自嘲気味の笑みを内心に浮かべる。貴族とは言え落ちぶれて久しい。任官も侭ならぬから困窮す

る一方である。自然、権力者に諂う金もなく、望み通りの任官は夢のまた夢となる。

その上今宵は、懇意にしていた娘にほかの男が通うのを目の当たりにした。来る事が判っていな

がらその男を招き入れたのは、明らかな娘の意思表示と受け取るほかないだろう。

男は曉盛と比べ、家柄こそ劣るものの官位は2つも上である。所詮世の中とはこんなものよ――

容姿はそこそこだが、気立ては優しく、心底慕ってくれていると娘を信じていた。自暴気味の曉盛

である。

視野の端に女人を捉えながら素知らぬふりで歩を進める。近づくにつれ芳香が際立ってくる。胸

苦しく、それでいて懐かしい香だ。鼓動が早まっていくのが、緊張のためなのか、それともこれか

ら起こることに対しての期待からなのか、曉盛にも確かとは判らない。

女はまんじりとも動かない。女人と思ったのは間違いで、ただの木像(でく)ではないかと思えるほ

どだ。

ついにすれ違うというそのときになって、やっと女が身じろぎを見せた。かぶっていた被きをあげて

曉盛を見たのだ。つられて曉盛も女を見る。カチリと視線が合う音が聞こえた。

抜けるような白い肌、煙るような瞳、薄紅を刷いた唇…… 美しいとはこういうことをいうのだ。およ

そ曉盛の知る限り、これほど美しい女はほかにいない。

女が曉盛を見たのは一瞬である。次には視線を元に戻し、そしてゆるりと歩み始めた。知らずのう

ちに歩みを止めているのは曉盛である。根が生えたように立ち止まったまま女を見送っている。す

ると数歩先で女が振り返るような仕種を見せた。

――誘っている……

妖しの者か、と思ったことを忘れて曉盛は女の後を追った。いや、忘れてなどいない。たとえそれ

でもいいと、意識の片隅で呟いていた。

女はゆっくりと、そして時に足早に、都の小路を抜けていく。追いつけそうで追いつけない。曉盛が

焦れ始めるころ、急にあたりは開け、1本の桜が目に付いた。

見上げるほどの大木が薄紅色の花を咲かせ、空を覆っている。月の光を映して、ぼんやりと輝い

ている。

(さて、ここはどこだ? 都にこのような桜があったであろうか?)

女の姿ばかりを追ってきた。どの小路を過ぎてきたか覚えていない。さりとて、そうそう遠くに来た

とも思えない。

(これがまやかしというものか……)

呆気にとられて見ていると視界を遮るものがある。女の被きが風に乗ってここまで来たのだ。思わ

ずそれを手にとると、次に視界に飛び込むのは、太い幹に寄りかかり己を見ている女の姿――

いくら薄物の被きとは言え、女の位置から曉盛のもとに運んで来れるほどの風は吹いてはいな

い。そんなことにも気づかぬ曉盛、それほど女に気を取られている。

女は眼差しを曉盛に向けたまま、少しずつ身体を幹に寄り添わせていく。そして慈しむような仕種

で荒れた木肌に手のひらを這わせている。悪寒ではない何かが背筋を走りぬけるのを曉盛は感

じていた。

手にした薄絹は冷ややかな滑らかさをもって、女の艶を連想させた。その薄絹を無造作に打ち捨

てて、己を見つめるものへと近づいていった。

女との距離が狭まるにつれ、動悸は激しくなっていく。人ならぬものに魅入られて、その術中には

まるのか? 諌める声が遠くに霞む。

やがて手を伸ばせば触れられようかというときに、女の口元が微かに動いた。

微笑…… いや、違う。

女の顔に浮かんだのは哀れみか? それとも蔑み? いや、もっと違うものだ。

それがなんであるのか突詰めたい要求に、曉盛は女の顔を凝視した。すると、ふわりと女が後退

した。

またどこかへ行こうと言うのか? 反射的に腕を伸ばし、女を捕らえようとする。指先に触れた女

の袖をしっかりと掴む。が、手ごたえがない。曉盛が捕らえた装束は女の肩を滑り落ち、力なく項

垂れている。太い幹の向こうで、さらに女が笑った。

(おのれ……)

なにが曉盛を煽るのか、手にした布を振り払うと、再び女に挑みかかる。衣は掴めるものの女は

そのたびに身体を滑らせて衣から抜け出してしまう。宙を舞う花びらのごとく、ゆるりとした風情を

見せながら、まるで取り付く島がない。

捕らえたと思えばすり抜けられ、焦れるのは曉盛である。躍起になって女を追う。女は相変わらず

不可思議な笑みを浮かべたまま曉盛を見つめている。

いつしか幹の周囲は、曉盛が剥ぎ取った女の衣で埋もれていく。その衣に足をとられ、危うく転倒

しそうになる。

(なにをしているのだ、俺は……)

どこかでわずかに覚醒した意識が曉盛に問い掛ける。

(今まで、これほどまでに必死になったことがあろうか?)

女を追ううち、なぜ追っているのかさえ定かではなくなった。

(違う――)

手に残された衣は段々と熱を帯び、生き物の温もりを曉盛に伝えている。

(俺はなんとしても……)

なんとしても女を我が物にしたい。その細い身体を抱きしめて、この手で手折ってしまいたいのだ。

女が身に纏うものが最後の一枚となったとき、とうとう曉盛は女の腕を捕らえていた。抱きとめる

ように引き寄せ、もう片方の手で女の衣を引き剥がす。するりと女の白い肩が現れ、曉盛の目

に――

不意に花びらが宙を舞った。

目の前を過ぎった一陣の風に曉盛がひるんだわずかな間に、女の姿は消えていた。見れば場所

は女と出会った小路、足元に散乱した衣はない。代わりに舞い散った花びらが道を薄紅に染めて

いる。曉盛の手に残されたのは一本のか細い桜の枝である。

月は重く西に傾いている。

                                                 (2002/02/04)
Copyright(C) 2002 Daybreak All Rights Reserved. 禁無断転載

戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー