首筋
すうっと首筋を撫でた冷たさに、私はびくっと振り向いた。いきなり踏まれたブレーキがキキキィっ

と音を立てる。

「なによ、危ないじゃない」

大きく前のめりに揺らされて女が苦情を告げた。

「冷たい手で急に触るからだ」

もう女の手は私の首にはいない。それでも残った感触に身震いする。

ふふふ・・・ 女は薄笑いを浮かべて後部座席にゆったりと座り直した。それを確認すると、私は

タバコに火をつけ、煙を逃がすために窓を細く開けた。

「私、あなたのうなじが好きよ。――セクシーだわ」

艶やかな唇をルームミラー越しに眺めながら、私は再び車を走らせた。こんな事が何度もあった

な、と思い出しながら・・・

湖の形に沿って曲線を描く道がヘッドライトに浮かんで消える。三日月に照らされた湖面が木々

の間に見えて隠れる。風のない夜、私が走らせる車が起こす風だけが路側の草をなびかせて

いた。

助手席ではなく、後部座席に当たり前の顔をして座る女、それでも私は彼女を愛していた。彼女

にとって私は、その指を飾る宝石と同じアクセサリーに過ぎない。ただ少しばかり見映えがよく

彼女を飾ることができる、それだけの事で恋の相手に選ばれたのだ。それでも私は彼女を愛し

ていた。見栄を張ることを生きがいとしているような女に、なぜ私は惚れたのだろうとつくづく思

う。それでも私は確かに彼女を愛していた。今となっては彼女だけが私の生きがいだった。

「あなたのうなじが好きよ」

よくそう言って女は私の首に触れてきた。そして口づけを催促するのだ。私は女に顔を埋め、女

に心を埋めた。私も彼女の白いうなじが好きだった。艶やかな唇もやさしく盛り上がった脹らみも

すべて私のものだと信じていた。

だから別れを言い渡されたとき、私は慌てた。彼女のために失ったものは大きい。妻も、子も、

名声も、みな彼女のために私は捨てた。だが名声を失った私では彼女の飾りにはなれないの

だ。

「――!」

再び冷たい手が私の首筋を撫でた。だが私はもう驚かなかった。私をからかって楽しんでいるの

は判っている。

いや、あるいは今のは妻かもしれない。ルームミラーでみると、二人はなにを話すでもなく仲よく

後部座席におさまっている。きっとお互いの存在を知らぬままなのだろう。そのほうが平和だ・・・

「あなた、奥さんいるんでしょ? そこに戻ったらいいわ」

蔑んだ目が私を嘲笑う。

「何もかもなくしたあなたを受け入れてくれるかどうかは知らないけどね」

私にもう用はないと言う女に私はどうすることもできなかった。だからこうして今、車を走らせてい

るのだ。

そして女の言うとおり、惨めな私に妻は冷たかった。元のさやに収まるどころか、何もかもなくし

た私に妻が切り出したのは慰謝料の話だった。

「あなたと結婚して以来、私があなたにもらったものはこのネックレスだけよ」

細い鎖を引き千切りながら妻はヒステリックに私を責めた。それは事実だった。だがその千切ら

れたネックレスは無名のころの私が、やっとの思いで買ったものだったということを妻は忘れてし

まったのか。許しを乞うことも許されず、私になす術はなかった。怒りを感じていただけだ。その

怒りは妻へのものか、私自身へのものなのか、あるいは女へのものなのか、自分にすらよくは

わからない。そして気がつけばこうして車を走らせていた。

急なカーブで後ろの二人が大きく揺れた。また私の首筋を冷たい手がさっと触った。あるいはそ

れは煙を逃がすために開けた窓から入り込んだ風なのかもしれない。風が私の首筋を通り抜け

ただけなのかもしれない・・・ だが、そんなことはどうでもいいことだ。風だろうが手だろうが、冷

たいことに変わりはない。

月は細く空に輝いている。研ぎ澄まされたナイフのようだ。二人の首を切り裂いたナイフも冷た

かったに違いない。

私は窓を閉めた。だが、このドライブが終わるまで風は私の首を撫で続けるだろう。後ろにいる、

私に殺された二人の代わりに吹き続けるのだろう。

そして私は車を走らせた。首筋に冷たい感触を感じながら、探すのは死に場所だった。

                                                 (2003/04/06)


Copyright(C) 2003 Daybreak All Rights Reserved. 禁無断転載

戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー