人込み
どんより曇った空を眺めながら、雨が降るのは今か今かと待ち構えていると一向に降らなかっ

たりする。それが、何も気にしていない時に限って、ザーーーッと降り出したりするものだ。出

会いはそれに似ている。

その日も雨だった。すし詰めの電車の中、靴の中に忍び込んでくる、誰のものか判らない傘の

雫にうんざりしながら、僕は今日の仕事を考えていた。

(今日は10時にA社との打ち合わせ・・・昼過ぎにはB社へ商品の搬入があって・・・搬入、立

ち会わなきゃならないかな、調整試験もあるはずだし・・・)

すると駅はまだのはずなのに、急に車輪を軋ませて電車が止まった。かすかにざわめく車内

に、無感情なアナウンスが響く。

<お急ぎのところ・・・>

停止信号でしばらく停車するという。反射的に腕時計を見る。時間にはいくぶん余裕があっ

た。停止信号なら、そうそう長引くこともないだろう。

時計から視線を放したときに、すぐ目の前にいた女性と目があった。心細げな眼差しで僕を見

ている。車内はすし詰めだ。衣類越しとは言え触れ合っている身体に急に羞恥を感じて、慌て

て目をそらそうとすると、消え入るような声で彼女が僕に尋ねた。

「何時ですか?」

「・・・8時15分になるところですよ」

自分が乗った電車の時間を考えれば判るだろうに、僕は腕時計を見たことなど忘れてそう思

った。それが顔に出たのだろうか、

「今日、寝坊してしまって・・・急いで家を出たものですから、時間の感覚、なくなっちゃってるん

です。時計も持ってこなかったし」

言い訳するように彼女が言った。

「ああ・・・・どちらまでいかれるんですか?」

なんとなく感じたバツの悪さから、聞きたくもないことを僕は口にしていた。

「S駅まで・・・8時半の約束なんです。もう、無理ですね」

S駅まではこの電車がたとえ止まらなくても僅かにその時間に遅れる。

困り顔の彼女に、そうですね、とも言いづらく、

「お仕事ですか?」

無難な質問を僕はしていた。

「いいえ、そうじゃないんです。でも、大事なことだったので・・・」

そのとき、何の前触れもなく電車が走り始めた。自分の手柄でもないのに、なんとなく得意な

気持ちになって、僕は彼女を励ました。

「動き始めましたね。――8時半は無理でも、遅くとも9時には着きますよ。電車が止まったん

だ、相手の方もきっと許してくれますよ」

「それならいいのですが」

すがるような目で彼女は僕を見ていた。そのとき、僕はツンとした痛みを胸に感じた。

そんな目で女性に見られたことなどなかった。込みあった電車の中で、異常とも言えるほど、

今、僕は彼女と接近している。心臓が早鐘のように打ち始めた。

偶然乗り合わせた電車の中で、時間を聞かれただけのことだ、どこの誰とも知れない、どんな

性格かも判らない、それなのに意識するなんてどうかしている。そう思おうとしても、感情が言

うことをきいてくれない。落ち着こうとして僕は饒舌になっていた。

「よくSには行かれるんですか?」

彼女が言った駅はこの電車の終点で、僕の会社がある駅でもある。

「ええ」

不安げだった彼女の顔に、ごく普通の明るい笑みが浮かぶ。

「でも、最近ほとんど行ってなかったんです」

「賑やかな街でしょう? うまいものを食わせる店もたくさんある」

「あら、そうなんですか? わたし、買い物はよくするんですけど、食事はしたことないんです」

それから僕は聞かれてもいないのに、Sのどこにどんな店があるか、こと細かく彼女に聞かせ

た。彼女もそんな僕を嫌がる風もなく、微笑を浮かべて聞きながら、相槌を打ったり、時には話

を引き出すような質問をしてくれた。Sにつく30分あまりの時間はあっと言う間に過ぎていっ

た。

<まもなく終点の・・・>

Sに到着することを告げるアナウンスが一抹の寂しさを僕に感じさせる。そして、ある迷いを生

じさせていた。名前と、そしてできれば・・・彼女と、もう一度会いたい。

そんな僕の気持ちに気付く様子もなく、それまでにこやかだった彼女が急にそわそわし始め

た。

「相手の方、待っていてくれますよ、きっと」

無責任に保証する僕に彼女が言った。

「そうね・・・ 彼があなたみたいに優しかったらよかったのに」

浮かれ気分だった心がドンと音を立てて落ちていった。

「彼、転勤なんです。それで今日S駅から9時の電車で・・・ こないだ喧嘩しちゃってから、ず

っと会ってなかったんです。転勤の話も聞いてなくって。―― なのに今朝、急に電話が掛かっ

てきて8時半までに来なかったら、お前とはおしまいだ、なんて一方的に言ってきっちゃうんで

すよ。8時半には無理だったけど、9時の電車には間に合いますね。ありがとう、あなたの楽し

いお話で、気が紛れました。いい顔で彼とも会えるわ」

電車がホームに滑り込み、ドアが開いてゾロゾロと人が降りていく。

「それで・・・彼についていくんですか?」

歩き出せずに一人電車に取り残された僕に、曖昧な笑みを浮かべて彼女が会釈した。そして

そのまま人込みに消えていった。

                                                (2003/05/18)
Copyright(C) 2003 Daybreak All Rights Reserved. 禁無断転載

戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー