女友達
梅雨に入って空気がうっとうしい。じめじめと纏わり付いてくるものに辟易する。なんにしても私はそうだ。さっぱり

したものが好きなのだ。人との付き合いもあっさりとしたものに限る。ベッタリとした付き合いは私には似合わな

い。

なのに、どうして親元から出るときに、彼女をルームメイトに選んだものか。確かに彼女との付き合いは長い。小

学生の頃から、言うなれば幼なじみだ。しかもほかの誰よりも「親密」に違いない。

親密だからと言って、心の底から彼女を好いていたかと問えば、そうとは言えない。

家が近所で親同士もよく知っている。中学を卒業してからさえも、彼女とは同じ学校に通った。彼女が同じ学校に

行きたがったからだ。私のことを好いているらしい彼女には気の毒だが、それが私にとっては残念なことであった

と、彼女は果たして知っていただろうか?

彼女は頭がよかった。私の知る限り、女子では常にクラスで、いや、学年で1番の成績だった。どんなに頑張って

も私は彼女にかなわなかった。常に「2番」の位置に甘んじるしかない。それがどんな屈辱か、彼女は知っていた

だろうか?

そう、私は彼女が煙たかった。しっかり者で、曲がった事が嫌い、その分いくらか融通か利かないところがあった

けど、そんなことより何よりも、私は彼女の甘ったれたところが嫌いだった。

「ねぇ、友達でしょ?」

なにかと言うと「友情」を楯に取り、私の行動を束縛した。「一緒にいてよ」と彼女は言う。

「ねぇ」

彼女は言った。

「一緒に部屋、借りようよ。それなら由紀ちゃんのお父さんもOKなんじゃない? ほら、私、由紀ちゃんのお父さ

んには気に入られてるし」

彼女の申し出を断るのは難しかった。親元を離れたい、そう言ったのは私のほうが先だった。――だけど、親が

なかなかうんっていわないのよ――

「二人の職場、近いしさ、二人で借りればその分広い部屋に住めるよ。敷金や礼金だって、いくらか節約になる

じゃん」

「うん・・・」

気の進まぬうちに不動産屋を連れまわされ、気がついたら契約が終わっていた。二人が一緒と言うことで、私の

親も彼女の親もだめとは言わなかった。

あぁ、だけど、なんで私は彼女を拒絶しなかったのだろう・・・

明日の夕飯は何にしようか? なんてことを彼女は平気で聞いてくる。ねぇ、私たち、結婚したわけじゃないよ。そ

う言いたい衝動をこらえて私は微笑んで見せる。

「ごめんね、香奈ちゃん。私、明日は会社の飲み会なの。帰り、遅くなるわ」

「そっか・・・じゃあしょうがないね」

彼女は気の毒なほど寂しげな顔をする。そしてこう付け加えるのだ。

「寂しいから、なるべく早く帰ってね」

・・・・・。

寂しいのなら、親元にいればよかったのに――そう思う私は冷たいのだろうか?

あの日も彼女は聞いてきた。

「明日、仕事終わってから何かあるの?」

明日は金曜日だ。そしてあいにく何の予定もない。

「ううん、なにも」

「それじゃあ、二人で遊びに行こうよ」

「うん、いいよ」

嘘のつけない、そして断ることのできない自分の性格を密かに呪った。

そして私は彼女が嫌いだった。二人して盛り場に繰り出せば、そこで声を掛けてきた男たちはいつも揃って彼女

を誘う。

「香奈ちゃん、酒、弱いんだねぇ」

そう、確かに彼女は酒が飲めない。

「うん、私はダメ・・・ でも由紀ちゃんはお酒、強いのよ」

彼女の言葉に思い出したように

「おう、飲め飲め」と男が私のグラスにビールを注ぐ。そしてまた彼女に話し掛ける。

「ねぇ、カレシ、いるの?」

いつものことだ。

そしていつものように彼女が笑う。

「さぁ・・・どうだろ? ねぇ、由紀ちゃん?」

どうして私に話を振るの?

「こんなに可愛いのにいないのよね」

内心の不満を出さないように、できるだけ陽気な声で私は彼女の『潔白』を保証してあげる。一瞬にして輝きを増

した男の目を見ながら、可愛くなんかないよぉ、と彼女はテレたように言う。そんなことないよ、と男が答える。

由紀ちゃんはどうなの? 10人に1人位は儀礼的に聞いてくる。そしてその中からまれに「由紀ちゃん『も』可愛

いのにね」と言う奴もいる。

あぁ、どこまで行っても私は彼女の下におかれる。顔だって取り立てて彼女のほうがかわいいわけじゃない。スタ

イルで言えば私のほうがあきらかにキレイだ。彼女なんてよく言えばぽっちゃりで、悪く言えば・・・

性格だってそう、男の前では猫をかぶっているだけだ。なのに、誰もそれに気がつかない。

気のあるようなことを言って、さんざん奢らせておいて、渡した電話番号は出鱈目、別れたあとに「いい男、いない

わね」なんて笑う女がどうしてチヤホヤされるんだろう?

だけどあの金曜日、一緒に飲んだ相手は彼女に、そして私に1つの転機をもたらした。

「もう私、あの人のためなら死んでもいい」

目を潤ませて彼女にそう言わせる相手は背が高く、話が面白く、そして顔もよかった。彼と知り合ったその日の

帰り、

「家の電話番号、教えちゃった」

そう言う彼女にさすがの私も抗議したものだ。

「どうして? ケータイを教えればいいじゃん」

「だってぇ・・・自宅の番号も教えてよ、彼がそう言うんだもん」

自宅の電話だと、私が出ることだってあるのよ? そう言う私に彼女が笑った。

「由紀ちゃんは彼が嫌い? いいんじゃない、電話で話すくらい・・・」

見抜かれている? 驚愕に私は黙り込んでしまった。

彼は確かに素敵だった。どうして彼女ばっかり・・・ 今まで溜まっていた不満が爆発しそうに感じる。どうして私で

はなく、彼女なの?

そんな私の心を知ってるのかいないのか、それからの彼女は彼との睦言を私に聞かせた。

彼ったらね・・・彼ったらね・・・彼ったらね・・・

やめて、やめて! うっとうしいのよ、私、あなたのお母さんじゃないの。恋の報告なんて聞きたくない。まして彼

とのアツアツぶりなんか! 叫びだしたい気持ちを押さえて私は微笑む。よかったね・・・よかったね・・・香奈ちゃ

んが幸せで私も嬉しい。

そして言葉にせずにこう思う。「まるで盛りのついた猫じゃん」・・・

そう、盛りのついた猫、その日も盛んに恋鳴きをしていた。ただでさえうっとうしい梅雨の夜、けたたましいともい

える大音響の鳴き声で猫は恋を語っている。

「あ、由紀ちゃん」

急に彼女の「彼ったらね」が止まる。

「布巾、たたんでおいたらダメって言ったでしょ? 広げといたほうが早く乾いて細菌も増えないんだよ」

「・・・うっとうしいな」

「え?」

テーブルを拭くための布巾を広げながら、私は彼女のほうを見ずに言った。

「いや、猫が、ね。うるさく鳴いてるから」

「ああ・・・」

ふと彼女が黙り込む。猫の恋鳴きを聞いているのだろうか?

気になって彼女を見て、私は思わずどきりとした。あんなに沈んだ彼女の顔を見たことはなかった。

自分を見つめる私に気がついて彼女が薄く微笑んだ。

「彼の部屋にね・・・」

ポツリと彼女が言った。

「イヤリングが落ちてたの」

「・・・きっと、友達の彼女とかが忘れたんだよ」

私はとっさに嘘をついた。数日前、彼女の留守中に来た彼からの電話を内緒にしている。その日、私は一人暮ら

しの彼の部屋に泊まった。友達のところに泊まると彼女に嘘をついて・・・ そして確かにイヤリングをなくしてい

る。どこかで落としたと思っていたのに――

「そっか。そうだよね」

泣きそうな顔で彼女は笑っている。そして、

「猫かぁ・・・鳴いてるね。猫も本気で恋をするのかな?」と呟いた。

「本気で恋?」

彼は私に言った。香奈とは本気じゃないんだ。初めて会ったときから由紀ちゃんが好きだった。だけど香奈に押し

切られて・・・その言葉は私を有頂天にさせた。彼女に勝った、と思った。これで彼女を見下せる・・・

「だってうるさいじゃん、猫。でも、本気で恋をしていて、それでうるさいんだったら仕方ないかな、って」

「・・・?」

「だけど、遊びであんなにうるさいんだったら迷惑なだけ・・・ 遊びで誰かを傷つけるなんて卑劣だよね」

卑劣。その言葉に私は顔を叩かれた思いがした。そう、私は卑劣だ。『友達』が夢中になっている相手と遊んだ。

そう、遊びなのだ。彼も、私も。そして彼にとっては彼女のことも。それを知っていて、彼女を裏切ることで優越感

を味わうなんて、私は卑劣だ。

私はどうしようもない敗北感を感じていた。結局私は彼女に、卑劣な人間、と見下されるしかない。彼女の前でい

い人を演じ、猫をかぶっていたのは私だ。そして化けの皮がはがされる。

彼女が私を見つめて言った。

「台所にたたんだ布巾が置いてあったの。・・・彼、布巾洗ったりしない人なのね。誰が来たのかな?」

                                                           (2003/06/23)
Copyright(C) 2003 Daybreak All Rights Reserved. 禁無断転載

戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー